美容や健康増進に効果的なすっぽん小町ですが、食物アレルギーがある人は注意が必要です。

 

食物アレルギーは、特定のアレルゲンが体内に入ったときに免疫細胞が身体を守ろうとする防御反応のことで皮膚や呼吸・消化器官などへ様々な症状が現れます。

 

特に鶏卵・牛乳・小麦は食物アレルギーを引き起こしやすい3大アレルゲンとも言われています。

 

その他にもアレルゲンは多くあるので、食物アレルギーの人はすっぽん小町の成分の確認をしっかり行いましょう。

 

すっぽん小町でアレルギー症状?

 

すっぽん小町を飲み始めてからニキビ・湿疹・蕁麻疹などの皮膚症状を訴える人がいるようです。

 

このような症状が現れた場合は、すっぽん小町の中に含まれているコラーゲンが原因物質になっているのかもしれません。

 

コラーゲンは人間の体内に元々あるものです。しかし、これまでコラーゲンを摂取する習慣がなかった人は免疫細胞がコラーゲンを『有害なもの』と認識してしまう可能性があります。

 

アレルギー体質の人は、免疫細胞が暴走しやすい傾向にあるのでこれらの症状が現れた場合は使用量を減らすなどで様子を見てみてください。

 

すっぽん小町の気を付けるべきアレルギー成分は?

 

すっぽん小町には、様々な成分が含まれています。

 

ほとんどの人には無害で有効な成分ですが、アレルギーを持っている人にとっては有害な成分となってしまいます。

 

すっぽん小町の成分の中で、アレルギー体質の人が気を付けるべき成分は以下の通りです。それぞれを詳しく見ていきましょう。

 

①すっぽん粉末

すっぽんアレルギーがある人は、主成分がすっぽんなのでNGです。

 

また卵アレルギーの人も注意が必要です。成分内には書いてありませんが、すっぽんのメスが卵を持っていた場合は稀にアレルギー症状を引き起こす場合があります。

 

②EPA含有精製魚油

サバなどの青魚アレルギーの人は注意しましょう。

 

③ミツロウ

ミツロウは蜂の体から摂る成分なので、蜂蜜アレルギーの人は気をつけましょう。

 

その他には、蕎麦アレルギーがある人も同様に注意してください。「なぜ蕎麦が関係あるの?」と感じた人も多いと思います。

 

蜂は蜜を集める時に様々な植物の間を行き来しています。その時に、蕎麦の花から摂った蜜が混じっていると蕎麦アレルギーの人にも症状が出る場合があります。

 

④ゼラチン

ゼラチンにアレルギーを起こす人もいます。ゼリー・グミなどの食べ物以外にも予防接種等で使う注射用の液剤にも含まれています。

 

すっぽん小町の気を付けるべきアレルギー成分まとめ

 

すっぽん小町を飲み始めてからニキビ・湿疹・蕁麻疹などの症状が現れる場合があります。

 

このような症状が出た場合は、すっぽん小町に含まれているコラーゲンに対して体内の免疫細胞が過剰に反応しているのかもしれません。

 

コラーゲンが日常的に入ってくるようになると症状は落ち着いてきます。

 

しかし、食物アレルギーの人はすっぽん小町の成分に注意を払う必要があります。

 

中でもすっぽん・卵・蕎麦・蜂蜜・ゼラチンなどにアレルギーがある人は使用を控えるようにしてください。

 

アレルギーは突然起こることもあるので、気になる症状が出た場合は速やかに医者にかかりましょう。

 



すっぽん小町15%OFF

↓公式サイトはコチラ↓

すっぽん小町

30日間返金保証付き!!